命の大切さ

二日前からとても落ち込んでいます。
二つのショックな出来事に
心が沈んでいます。

一つは、日本に留まらず世界中が
心から祈りと応援を送っている
池江選手のご病気のことです。

最初の緊急速報で息を呑みました。
昨年末の紅白で審査員を務められ
どこか元気がなく、
水の中より表情が硬いのは
緊張のせい
思って観ていました。

ご病気の兆候があった
なんて思ったりもしましたが、
おそらくそれは普通に
緊張のせいだったのだろうと思いますが…
突然のニュースに、本当に驚きました。

下手でも水泳が好きな私にとって
池江選手はすべてが憧れで
Twitterの画面のストリームラインの
なんと美しいこと
手の長さについても
よく報道されていました。
素晴らしい肉体と精神力により
たくさんの記録を打ち立てられ
どれだけ我々の期待に応えてきてくれたか
これまでの健闘に
感謝の気持ちでいっぱいです。

まずは焦らずゆっくり前向きに
完治することだけを考えて欲しいです。
ドナー登録のこと、
こんな私でも考えました。
年齢で断念…
年齢制限があること、
初めて知りました。
ただただ、今は祈り続けます。

同じ日、保護者会長さんから
三役のみの連絡が入りました。
エンジェルくんの施設利用者の
お母様が亡くなられました。
とても急なことでした。

多少の体調の悪さは
何となく伺っていましたが、
命にかかわるようなご病気では
なかったと思います。

今日以降は、保護者に
連絡しても良いとの
ご遺族のご意向があり、
夕方に皆さんに連絡をしました。

その方とは、ここ数年、
いろいろとお品をいただいたり
声をかけてくださったり
とても良くしていただいていました。
特に個人的に親しくしていた
という訳ではないのですが、
園ではよく声をかけてくださいました。

昨年11月の給食試食会で
ご一緒しました。
ひとグループ5名ずつです。
皆で和気あいあいお話しながら
楽しくお食事を楽しみました。

ご飯の食べ過ぎに注意をしていらして
ご飯を減らしてもらっていました。
あまり量は食べられないけど…
と言いながらも
しっかりとお食事されていました。

以前に、お菓子をいただいていたので
また、その時のメンバーは
皆さん大先輩ばかりで
お世話になっている方たちだったので
ほんの気持ちのものを持って行きました。

昨年12月の保護者会には
元気に出席しておられました。
私はいつもくだらないものしか
お渡ししないのに、その時は
北陸の方の老舗のお漬物を
「お友達からちょうど送ってもらった」と
いただきました。

お目にかかると、
「いつもありがとう」と
こんな私に言ってくださいました。
「ありがとうっていうか、
私、あなたのファンなの」
とも言ってくださったことがあって
そんなこと、言われたことなんかないし、
すごく驚きました。
そしてとても照れ臭かったですが
嬉しかったです。

こんな私にそんな風に
言ってくれる人なんて
そう居るもんじゃない…
こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。
高級お漬物が最後のプレゼントに
なってしまいました。
今はただただ、ご冥福をお祈りしています。

今日は作業日でした。
連絡網よりも一足早く
作業に集まった保護者には
施設長さんより伝えられました。

先輩方のおっしゃっていたのは
寿命と健康は別…
一日一日を感謝しながら
大切に生きていかねば…
というお話をされていました。
ガッテン

私の母も数年前に
兄夫婦がお医者さんに呼ばれ
95%は数か月以内…
という状態でしたが、
母は頑張っています。
片目の視力を失い、
心不全、腎不全、腸閉塞と闘い、
乗り越えています。

今は命の大切さを
ひしひしと感じています。

"命の大切さ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント