喜んでもらえた

今朝もバス到着まで
一緒に乗り込むMさん親子と
楽しくおしゃべりしながら待ちました。

エンジェルくんは23歳ですが、
朝のターミナルでご一緒しているMさんは
私より5~6歳年下の方です。
世代的には、エンジェルくんより私と近いです。
お母様も、私の母より10歳くらい年下の感じです。

毎朝、Mさんのお母様は、エンジェルくんに
たくさん話しかけてくれます。
面白いお母様で、エンジェルくんと
お尻とお尻で押し合いっことかしてくれます。
この間、エスカレートし過ぎて
エンジェルくんがバランスを崩し
ひっくり返ったりしました。
エンジェルくんは大喜びです。

そんなふうに毎朝、4人でガヤガヤ過ごしています。
エンジェルくんは、待つことができないので
大先輩がいても、我先にと
バスに乗り込もうとしてしまいます。
一方、Mちゃんはなかなかのマイペースで
バスが目の前に到着してから
ゆっくりとメガネを外し始め、
メガネケースに入れ終わってから
バスに乗り込みます。
その間エンジェルくんは待てず、
先に乗り込んでしまうことが多いのですが、
最近は私の方からも
「Mちゃんメガネ外そうか」と
声かけをして、できるだけ先輩に先に
乗っていただけるように促しています。

今朝も無事に、Mちゃんに
先に乗っていただくことができました。
しかし、Mさんのお尻が結構重くて
毎回「ヨイコラショ」と
ステップに上がるのに少し時間がかかります。

真後ろでその様子を見ていたエンジェルくんが
Mさんのリュックを両手で上に持ち上げました。
「頑張って上がれ」ってとこでしょうか
でも重たいのはリュックじゃなくてお尻なんですけど・・・
でも、お尻はNGなので、リュックで正解だったと思います。

Mさんのお母さんはとっても喜んでくださいました。
「早く乗って・・・っていう時に、
前の人の背中を押したりっていうのはよくあるけど、
リュックを持ち上げてくれたのは初めて見た
・・・優しい」と言ってくれました。

私も偶然とは言え、しかったです。

"喜んでもらえた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント