おはよう日本

朝7時からのNHK『おはよう日本』で
エンジェルくんの通う園が管理する
グループホームが紹介されました。

障害者のグループホームの現状について
取材されていました。
平成29年を目処に各地域に
グループホームを建てる方向で
動き始めているようですが
それにはまだまだ地域住民の
受け入れの難しさが現実問題としてあるようです。

東京都文京区小石川にグループホームを
建てる予定にしている中、
住民の反対運動が起こっているそうです。

反対の理由は
ギャーという動物的な声がする、
資産価値が下がる・・・などということでした。
これが現実か・・・と思いました。

前向きに取り組めている例として
茨城県牛久の例と、
須磨区の白川台ホームが紹介されました。

エンジェルくんの園は神戸市北区にありますが、
グループホームは須磨区にあります。
またエンジェルくんの通う園は
新緑福祉会という会に属していて、
その会は入所施設1園と通所施設5園の
6園で成り立っています。
そしてその内の3つの通所施設が
それぞれ1箇所ずつ6人定員の
グループホームを管理しています。
いつも園でお世話になっている先生方が
交代でグループホームに出向いて
お世話をしてくださっています。

今回の取材でうまくいっている例として
取り上げられたことは
とても喜ばしいことでした。
施設長さんもきちんと画面に出て
コメントされていました。
思わず「出た出た」と
拍手してしまいました。

エンジェルくんが入所した5年前に
施設長さんも一緒に異動してきました。
3年前には保護者会長もしたので
その時にいろいろ教えていただきました。

大学の先生方が福祉に関しての
話を施設長さんに聞きにいらしたり、
それを通じて学生さんが勉強に来られたり、
時には行政の方にも頼りにされるような
頼もしい方です。
全国レベルでの番組に取り上げてもらえたこと
とても嬉しく思います。

須磨区では、
違う法人の建てた入所施設も
その地域に理解を求めたとき
「反対意見はゼロで、皆快く
施設建設を受け入れてくれた。
本当に温かい地域です」と
その施設の施設長に
お話を伺ったことがあります。

今回の白川台ホームは
県営住宅を借りての住宅ですが、
これが施設建設となると難しいようで
やはり住民に反対されて
建設は断念したとテレビで言っていました。

今回の文京区の例を見ても
やはり知らないことへの不安が大きく、
とても難しい問題だと改めて知りました。

健常者と障害者が共に暮らしていくための
もっと開かれた環境づくりをしていくのは
やはり行政の責任だと改めて感じました。
行政の前向きな取り組みと、
施設長さんはじめ、事業所のお力と
我々の努力と・・・共に力を合わせて
より温かな社会を築いて行けたらと思います。

誰でも突然奇声や大声をあげられたら
皆「怖い」と感じます。
しかし、理由を聞いて、事情がわかれば
受け入れられることだと思います。
また、障害者施設の建設で
その地価が下がる・・・というような発言は
何とも無知な話だと思いました。

無理なものは無理・・・と
理解してもらうことを諦めている
一番近い父方の親戚に理解を得られずに
たくさんの人にご理解いただきたい・・・
ってのもおかしな話ですが
ひとりでも多くの方に
みんなの純粋さを知ってもらって
温かい社会になっていけたら嬉しいです。

おはよう日本を見てから支度して
エンジェルくんは9時からヘルパーさんとお出かけでした。
でも、そんなに好きな人ではなかったので
相変わらず駅で会っても素通りですが・・・
頭も打ち付けず、靴も脱がず、
それなりに良い子で過ごせたようです。

母はスタバで『バレンタイン プレッツェル モカ』を飲みました。
プリッツっていうかプレッツェルが
砕いてのっていました。
私はやっぱりいつものナッツの方がよかったです。
画像

"おはよう日本" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント