話すタイミング

障害ということに縁遠いと思われる方たちに
我が子のことを話すことに、
私はかなり神経質になってしまいます。

今日のスイミングはとても人数が少なくて
回転が早く、あまり途中で話す暇もなく
結局1時間で1500m泳ぎました。
それに今日も100m自主練習をしてきたので
1600m泳ぎました。

よく、大御所さんの話は書きますが、
今日は、ベテランさんのあとを泳ぎました。
いつも一番を泳ぐベテランさんから
私までの間が皆お休みでした。
50m泳いでから10~20秒くらいしかない合間の時間に、
いろいろお話しました。

ベテランさんとは年が近いです。
年齢は私のひとつ上です。
子供の年は、エンジェルくんと同い年の男の子と
私の次男よりひとつ年下の女の子がいるそうです。

50m泳いで戻ってくる度に質問攻めにあいました。
「お正月は実家に帰ったん
「旦那さんは神戸
「じゃ、広島帰ったん
「長男

どの質問の時も、
「事情があって・・・」のオンパレードになりました。
実家に帰るのも、広島に行かないのも・・・
ベテランさんは、長男であるご主人のご両親と同居だそうです。
おじいちゃんがボケているそうです。

「“事情”はまた話します」と言いましたが、
また50m泳いで戻ってきたとき、
長男が障害児だと話しました。
「いろいろ大変だったんやろうね」
という一言で自分じゃわかりませんが
急に目頭が熱くなってしまいました。

エンジェルくんの存在とか、育てることに
苦労とか、大変とか・・・そういうことは
もう割り切っていますが、
実家にも簡単に帰れないこととか
広島でも拒否されていることは
私自身、やりきれない気持ちになります。

3月にマスターズがあり、
上級の皆さんには「一緒に出よう」と
言っていただいていますが
会場はどうやら東灘区の方で遠いですし、
休日なのであまり長時間も無理です。

今でも何で私はいつも慌てて帰るのか・・・
不思議がられているので、
いずれ皆さんに事情を話したいと思っていましたし、
これからお付き合いをしていく中でも
よくわかってもらっていた方がいいと思っていました。

昔、中学時代の古い友人に電話で話したとき、
彼女は他の大学の社会福祉クラブに入っていたこともあって
理解あると思ってエンジェルくんのことを話したことがあります。
その時「そういうクラブに入っていたけど、
実は障害の人にあまり理解があるわけじゃないんだ」
と正直な気持ちを言われてしまい、
言うんじゃなかった・・・
とその時は後悔しました。
それから、障害のことをたやすく
口に出せなくなってしまいました。

スイミングでも、話すタイミングとか
すごく考えたし、選びました。
スイミングはこれからも長く続けていきたいので
皆さんにご理解いただいて、
仲良く頑張って行きたいです。

"話すタイミング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント