施設見学

今日は園の研修部による
『施設見学会』でした。

9時半集合、9時40分出発。
保護者24名と施設長の計25名で、
ワゴン車をレンタカーで借りて、
施設長の運転で行きました。

研修部の二人と、私は前の方に座りました。
音楽がかかりました。
もんたよしのりの「ダンシングオールナイト」
思わず私は「ワ~懐かしい~昭和か」と
ひとりで突っ込みを入れてしまいました
したら、そのCDは施設長のchoiceで
「一生懸命、1980年代の曲を集めてきた…」と言ってました。
まして、もんたよしのりは、施設長の従兄弟だそうで…
タラ~リゲゲゲ
全く、口は災いの元…

施設に着きました。
兵庫県三木市にある『三木精愛園』に行きました。
入所、通所、ショートステイ等、総合的で大きな施設です。
“重度棟”に関しては、
今まで見てきた施設は、
いわゆる“独房”のような施設だったりで
胸が痛むことが多かったです。
見学に行っても、「やっぱりエンジェルくんは
私と一緒にいるのが一番幸せなんじゃないか…」
という気持ちになっていました。
でも、今回の施設は、そういった、
行動に問題を抱えた子たちの“行動支援棟”があって、
テレビにも囲いがしてあったり、
インテリアも極力シンプルにはしてありましたが、
とってもきれいで、居心地の良さそうなお部屋でした。
一時期、そこにいたお子さんでも、
落ち着いてきて、皆さんと共に過ごせる棟に
お引越しをするようになったりもしているそうです。
そういった取り組みは有難いな…と思いました。

勿論、自分でお布団を干したり、
掃除、洗濯をするような二人部屋もあったり、
ケアホームがあったり…
広い敷地なので、様々な障碍に対応していました。

エンジェルくんには、いつも幸せでいて欲しい
と願っています。
今は、私と一緒にいることがきっと一番幸せと
思っていてくれている…と親は勝手に思っていますが、
これから先、私と別れる時が来ても、
できるならば、“突然”という形ではなく、
スムーズに知らず知らずのうちに
馴染んで、尚且つ居心地のいい、
温かい施設で暮らしていって欲しいと願っています。
エンジェルくんは自分の努力によって、
幸せを見つけることができないので、
うまいこと、私が誘導していってあげられたら…
と思うのですが、
そう理想どおりには行かないものだろう…
とも思っています。

施設見学のあとは
中華料理の『張家(チャンジャ)』に行きました。
施設長さんのおすすめということです。
かなり美味しかったです。
1780円でしたが、量が尋常じゃなく、
姿勢を正しくしていないと出てきそうなくらい
スゴイ量でした。
サラダ、スープから始まり、
エビ、エビマヨ、エビチリ、チャーシュー、いか、
春巻、シュウマイ、チャーハン、
エビ・いか・椎茸・ミニコーンの炒め物
プリン、杏仁豆腐、ゴマ団子、カリカリおいも、
アメリカンチェリー、コーヒー…
まだ忘れてるような気がする…
食べようと思ったら、ここまで食べられるんだ…
と思いましたが、
当分食べるものの名前も聞きたくありませんでした。

少し遅れて、園に到着。
エンジェルくんは半分雨に濡れながら
ベンチに座って首を長くして待っていました。

昨日からしゃべらされた時の言葉を
あれこれ考え、
車の中でもまたブツブツ言いながら…
ちょっと緊張して参加したのですが、
去年と違って、一度も振られず、
ちょっとラッキーでした。
何にも言わない訳にはいかないので、
最後に「お疲れ様でした…お気をつけて…」
みたいな挨拶だけで終わってしまいました。

ワゴン車の中は常に幼稚園バスのように
みんな賑やかで…
(幼稚園バスの方がずっと静かだろうな
年齢の壁を越え、親睦は深められた気はします。

"施設見学" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント