忠臣蔵

今日は『決算!忠臣蔵』を観てきました。

先週までは昼頃の時間設定で
行きにくかったですが
今朝は10時からだったので
エンジェルくんを見送ってから
ハーバーランドに行きました。

バスの中のエンジェルくん、
バスが走り出すや否や
カチャンとシートベルトを外し
下に座り込みます。
ちゃんと先生の言うことを聞いて
どんとイタズラせずに椅子に
座っていて欲しいのですが
添乗して下さる先生の顔色を見ては
外して喜んでいる始末…
相変わらずです…

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日…
ですが、実は私にとっては
父の命日です。覚えやすいです…
今頃の時期になると、
大学で集中講義中に呼び出されて
広尾の日赤医療センターまで
タクシーを飛ばして
駆けつけたことを思い出します。

先日、保護者会の旅行で
赤穂に行ってきたこともあり
今日は吉本の『決算!忠臣蔵』
を観ました。

そう言えば、今エンジェルくんが
通う園の保護者人数は46名です。
兄弟で通園されている方もいるので
利用者数はもう少し多いですが、
保護者数は46名。
先日の旅行では、施設長さんも
共にご参加くださり、
ナント、まさに四十七士
奇遇です…

大昔、年末に
東京12チャンネルでやっていた
『忠臣蔵』に感動して
結構ファンになりました。

個人的にも赤穂に行ったことが
何度かありましたが、
今回の”吉本”の忠臣蔵は
全く違う角度から捉えた、
とても興味深い内容でした。

あまり記憶が定かではありませんが
大石内蔵助筆頭に、四十七士は
英雄的な捉え方で、
とてもスマートでカッコよく
描かれていたと思います。

しかしながら、いろいろな
話題を耳にすると、
浅野家は赤穂で、関西…
私も神戸にやって来て
周りは関西弁で…

今回の映画は吉本興業なので
お笑いの皆さん中心で、
関西弁が飛び交い、
ふむふむ。なるほど…
この方が現実に近い気がする…
面白かったです。

そして今回の映画、時代劇では
ほとんど描かれたことの無い
お金を中心とした内容。

武士の職務には
”番方”と”役方”があるそうで
番方は、よく描かれる普通の
刀を持って働いている人たちで
役方は、行政の事務の人たちだそうです。

今回の映画では、
岡村さん率いる役方が
ズラーッとたくさん並んでいて、
みんなで金勘定…

無駄遣いしたくない役方と
平気でバンバン使いたがる番方…
「金勘定できない木偶の坊(でくのぼう)」
というセリフがありました。
私の心に刺さりました。
その通り…
きちんと金勘定できない私も
とんだ木偶の坊…

途中、衝撃もありました。
全く違う角度から捉えた
新しい忠臣蔵…
面白かったです。

13日から始まる『カツベン!』の
衣装とか、使用した小物とか
飾ってありました。
IMG_8138.JPG
ランチはほぼマンネリ…
モロゾフのサンドイッチです。
IMG_8139.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント