母の健康診断

今日はエンジェルくんを
見送ってから
車を置きに家に帰り、
健診のため近くの病院に
歩いて行きました。

今までは会社からの特定健診で、
健診センターに出向いて
受けてきましたが、
ここ数年は、広島勤務になったからか
持ち帰って来てもらっていないので
健診も2年ばかり受けておらず
不安になっていました。
今回は自費で受診しました。

受付で、「仕事の関係で
健診を受けろと言われてきたのか
「それとも、どこか体の不調があるのか
聞かれました。
・・・なるほど
そう思われても仕方ないか…

小さな病院ですが、普通に、
尿検査、血液検査、視力検査、
聴力検査、身長、体重、
胸部レントゲン、心電図
を受けました。

細かい結果については
来週末以降にわかるのですが
視力だけはその場で教えてくれました。
不思議なことに、
右目は網膜剥離の時に
白内障の手術も受けたので
1.2のレンズが入っているから
それ以上にはならないはずなのに
何故か1.5ありました。
逆に左目は1.2でした。
近くは見えないけど
遠くはまだよく見える…

病院に、大きな刺しゅうの
額縁が飾ってありました。
IMG_8128.JPG
近くに寄ってメガネをかけて
よ~く観て来ました。
ひと針ひと針、とっても細かいし
すごくきれいな刺しゅうでした。
素晴らしい大作でした。

話は変わりますが、
今の朝の連ドラ『スカーレット』で、
陶芸の場面が出てきます。
エンジェルくんが小学部の頃、
陶芸を2~3年、習いました。
懐かしい思い出です。

最初は三宮のユザワヤまで
習いに行きました。
数か月で、先生がやめてしまい、
先生のお宅まで行くことにしました。
大阪の門真です。
遠かったぁ~

片道1時間半以上かかったと思います。
月1回程度しか行かれませんでした。
冬は寒く、手も荒れましたが
土いじりはとても楽しかったです。

菊練りとか、素焼きをしたり
釉薬の種類とかも勉強しました。
薄く仕上げるのが特徴の先生だったので
形を作ってから、たくさん
削る作業をしました。
削り過ぎて穴が空いてしまい
先生に埋めてもらったり…

ドラマでもやっている
絵付け作業が私は不得意で
先生に手伝ってもらったり…

今でも使っているのは
さんま用の長いお皿や
白くて四角いお皿とか…
実家に帰った時、
母がまだ小皿を使っていてくれました。

陶芸も続けたかったですが
遠かったし、
絵心のない私には
ちょっと限界も感じて
やめることになりました。
でも根は嫌いじゃないです。
時間にゆとりがあったら
もう一度始めたいことの一つです。

健康第一
これからもストレス解消に
興味のあることを
いろいろやって行きたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント