大地雷、小地雷

今日は土曜の通園日。
エンジェルくんを園まで送ってから
母はジムに行きました。

もし混んでたらやめておこう…
と思いましたが、
いつもの半分くらいで空いていたので
柔軟体操の後、ウオーキングをして
ちょっとだけ筋トレしてきました。

帰りのバスでご一緒している
エンジェルくんより1歳年下の
お友達のヘルパーさんとバッタリ。
声をかけられました。

エンジェルくんも一度、
ほんの1~2か月だけ
その事業所に
お世話になったことがありますが、
うちが須磨区なので、残念ながら
直接その方とご縁はありませんでした。

大きな事業所で、それぞれの
分室のようなところと
契約する形でした。
エンジェルくんが途中で
座り込んでしまうたびに
電話がかかって来て
「迎えに来て」と言われ、
慌てて車で駆けつける…
そんな調子で1か月…
結局いつも15分~30分くらいで
迎えに行って、
全くホッとすることができず、
すぐお断りしました。

今日バッタリ会った方は
とても熱心な方でしたが
地域が違ったので残念でした。
今でも覚えていてくださって
嬉しいです。
「ジムですかぁ
「どこに向かってるんですか
と聞かれ、
「マッチョになりたい訳ではなく
ただ体力をつけるため」
と話しました。

いつも土曜はヘルパーさんに
迎えに行っていただきますが
今日は久しぶりに
私が迎えに行きました。

久しぶりだと、
何時に行くんだったか
戸惑いました。

園まで送り迎えをしているときは
少しだけでも先生と
お話ができるのが利点でした。

また、しあわせの村は
四季の移り変わりが美しいので
毎日四季を感じることが楽しみでした。

今はバスに乗せていただき、
とても時間を有効に
過ごさせていただいています。

園に通い始めて3年目くらいから
送迎バスが始まり、車に乗っているので
最初は対象ではありませんでしたが、
半年後から乗れることになりました。
お隣の園の大御所の方は
最初から利用されており、
次にエンジェルくんが参加です。

大先輩とはそこからのお付き合いです。
エンジェルくんが養護の小学部の時
支部活動をしていて、
本部で見かけたことはありました。
16歳年上なのですが、
怖そうな人…
というのが最初の印象でした。
でも先輩方とのお付き合いは
かれこれ20年以上になるので
すっかり慣れましたし、
教えていただくことも多く、
とても貴重な時間です。

施設が開設されて30年経っているので
最近の若い皆さんとの
ジェネレーションギャップは
ちょくちょく感じます。

先輩方は、自分の話が始まると
結構持ち時間が長く、
ある方は陰でですが冗談で、
「地雷踏んだ」という表現をされ、
笑いました。


しかしながら最近、私に対して
キツイ方がおりますが…
まあ、私が
とんちんかんなことを言ったり
話を聞き損なったりするから
悪いんですが、
その時の返しがきつく、
「ハァ~」と返されると
何も言えなくなってしまう…

私にとって、
おばあちゃんの長話を聞くことは
さほどしんどくもなく、
とってもかわいい小地雷。

それに引き換え、
睨みつけられるのは
怖い
私にとっては大地雷…であります。
最近はその地雷を踏むのが恐ろしくて
なるべくしゃべらないようにしてます。

毎日、笑顔で過ごせますように

この記事へのコメント