ディズニーの話とか

母は昨日も『アラジン』を観に行きました。
前回、寝てた部分の穴埋めに…
今回は字幕スーパー版です。

前回は三宮のMINT神戸でしたが
今回の字幕スーパーは、
ハーバーランドがちょうどいい時間でした。

木曜に保護者会で
大阪造幣局に行きましたが
その門のところに
『MINT』と書いてありました。
スマホで早速調べてみると
MINT…ハッカ、ハッカの香味料、
ミンツ、造幣局、巨額、多大
とありました。

“MINT”に造幣局という意味があるとは
全く知らなかったですが、
MINT神戸の場合はどうやら
それらとは全く意味が違うようです。

・・・こちらはネットの受け売り・・・
MarineとMountainに囲まれ
Meetingにぴったりな好立地にMedia mixが
Movie、Meal、Modeなどのペナントを
INTegrate(集大成)した…という
M-INTが由来のようです。
ミントの香りも、造幣局とも全く無縁のようでした。

で、昨日はハーバーランドで観ましたが
字幕スーパー版は、吹替より
迫力を感じました。
ウイルスミスがより面白く感じたし、
アラジンやジャスミンの歌声も
とても迫力がありました。

今回もやはり同じようなところから
かなり眠けを感じ、
コーヒー飲んだり、手をつまんだりして
「ダメダメ」と自分を戒めつつ
危ういところでした。
…そこまでしないと寝てしまう
雪山で一番にサヨナラするタイプ…
行きませんけど…

私が寝ていた部分は、
作品の中で大きく盛り上がる部分です。
よく熟睡できたものだ…
と自分で呆れました。

2度目の方が、最初の違和感もなく
自然に入り込めましたし、
細かい部分に気付くこともできて、
より楽しめました。

昨日の夜はまた、アニメのアラジンを
テレビでノーカットでやっていて
改めてきちんと観て、
やはりアニメでできる動きも
実写版では難しい部分がたくさんあって
それらの違いについても
なるほど…と思いながら観ました。
実写はアニメでは表現できない
迫力もあり、どちらもいいな
と思います。

先日テレビで『シンデレラ』の実写版を
初めて観ましたが、
私にとっては、ちょっと残念でした。

物心がついて最初に
ディズニーの『シンデレラ』の
EPレコードを買ってもらい、
まだアニメではなく、声だけの物語で
レコードの入っている折りたためる袋に
シンデレラの絵が描かれていて、
断片的なその絵を見ながら
想像を膨らましてレコードを聞きました。

シンデレラがアニメ化されて、
それが想像どおりだったので
子供たちとセリフを覚えるくらい観ました。

実写版は、それとは全く違うものでした。
例えばアニメでは大臣が
持ってきたガラスの靴を
手が滑って落として割ってしまい、
シンデレラが「私、同じの持ってます」
と持ってきて、継母が驚く…
という流れなんですが
実写ではシンデレラが
隠し持っていたガラスの靴を、
継母が見つけ出して叩き割る…
という流れで…なんか残念でした。
どっちが本当なのかはわかりませんが。

昨日のおやつ…
ハーバーランドには、
ゴディバとかスタバとか、
ムーミンカフェもあって迷いましたが、
結局いつものモロゾフで
『大人のプリンパフェ』を食べました。
画像

注文した時「ちょっとリキュール使ってます」
と言われました。
運転できないほどではないらしく、
洋菓子にちょっと入っている程度だ…
という説明でしたが、
私の伯父(もう亡くなりましたが)は
昔よくあったウイスキーボンボンでも
真っ赤になって寝込んでしまう…
といういわゆる下戸という人で
例えばそういう人には無理…
という意味合いのようでした。

元々はお酒には強いほうですが、
そんなに好きではないですし、
エンジェルくんが生まれてからは
敢えて飲んでいないので
やはりちょっとだけのリキュールでも
「なるほど」と感じるところはあり、
すぐには運転せずに
ちょっと買い物をして抜けきるのを
確かめてから運転して帰りました。

甘過ぎず、美味しかったです。

話はガラッと変わりますが
今朝、大谷選手の
サイクルヒットのニュースを見て
感動
鳥肌

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック