デリカシー

昨日は通園日でした。
母は久々に村のジムに行きました。

久しぶりで体も鈍っていたので
自転車漕ぎも、ランニングマシンも
筋肉痛にならない程度に
ゆっくりゆっくりしてきました。
ほぼ運動になってない…
でも楽しく体を動かしてきました。

今日もエンジェルくんは
ヘルパーさんとお出かけしました。
待ち合わせ時間のギリギリまで
トイレタイムでした。

たくさん出て、スッキリしましたが
出たばかりでちょっと違和感があったようで
家を出てからも歩いたり、立ち止まったり…
を度々繰り返して「あ゛~」と言っていたので
連れて行っていいか、やめるべきか
悩みました。

車が待ち合わせ場所に着くと
お腹のことはすっかり忘れ、
「さぁ、行こ」と
ルンルンで行きました。
まったく、何だったんだ…

父親を交えての次男の食事会、
6月の日曜が土曜に変更になり、
尚且つエンジェルくんの通園日は
父親が無理…ということで
ヘルパーさんにお願いしていましたが
今日「今、人手不足でどうしても
土曜日は無理です。
日曜日なら何とかなるかも…」
というお返事がありました。

今、もう一度父親に
予定の変更は不可能かを
尋ねていますが、返事は無し。
次男は「親父は自分の遊びで忙しいから
変える訳がない」と言っていて、
たぶんね…私も同感。

ヘルパーさんに相談する際、
お一人のヘルパーさんに
お相手にエンジェルくんのことは
話しているのか
会ったのか
聞かれました。
「僕も、この仕事をして初めて
大変さを知ったんでね~」と
意味有り気…

勿論、一番気にかけていることですし
何より次男がきちんと話はしていて、
私も昨年夏にお会いした時に
お話はしています。
「会ったら驚きますよ」と言われました。
・・・それ以上は、立ち入られても
わからないし、答えようがない…
ダメになるなら、それはそれで
ご理解いただけなかった…
と思うしかない訳で、
大きなお世話…で

以前から、遅刻をしたり、
何か落ち度があった時に
まずいい訳から入る方で…
今回もデリカシーがないなぁ~
と思いました。

心配してくださることは
有難いと思いますが、
一番気にしている部分ではある訳で…

エンジェルくんが園に通い始めた時
他の大先輩お母さんから、
「兄弟のことも心配やろ…
でも大丈夫やで、何とかなるから」
と言ってくださいました。

皆さんのご兄弟の状況を見ていると
それぞれ皆、年頃になって
自分のことは自分で決めて
伴侶も決めていらっしゃる…

独身の方も離婚した方も勿論いますが…
それは一般の確率とほぼ変わりません。

次男のことも、親としては
温かく見守っていくしかありません。
理解していただけなければ、
ご縁がなかった…と思うしかありません。

私もエンジェルくんとの生活が
すっかり当たり前になり
鈍感になってしまったので
今回ヘルパーさんに言われた通り、
もうちょっと危機感を持たないと
いけないのかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック