風と共に去りぬ

一昨日の午後、BSで
『風と共に去りぬ』をやっていました。

綺麗なカラーになっていたので
いつの作品かわからなくなっていましたが
調べてみると、1939年の作品でした。
そんなに古いなんて
私の母が7歳の時の作品
絶対白黒作品ですが、
今の技術で、とってもきれいな画像に
仕上がっていました。

私が最初に観たのは、小学生の時で
テレビの洋画劇場で観ました。
クラークゲーブル、ビビアンリー…
中学の時に下敷きの間に
ビビアンリーの写真の切り抜きを
挟んでいました。
そんな古い人だったとは…

超大作で3時間を超えるので
毎回、前後編に分けて
2週に渡って放映されていました。

たいてい1週目は、戦火の中をくぐり抜け
タラの丘に辿り着いたところまでです。
2週目はガラッと雰囲気が変わり、
集中力もなくなるせいか
まともに観られたことがありません。

これまでに何度も観ているので
ところどころは記憶にありますが
きちんと観たことはありませんでした。
アメリカ南北戦争時代の話です。

洋画好きの父が、よく
アメリカ映画の展開の早さがいい
と言っていましたが、
とにかく場面が変わるごとに
結婚してたり離婚してたり、死んでたり…
ちょっと目を離したら展開が変わってる…
今回は初めてしっかり観ました。

欲深いじゃじゃ馬な女性の話…
いろいろ学ぶことがありました。
面白かったです。

昨日の夕食時、エンジェルくんが
指を口の中に突っ込んで苦しそう…
何かが喉に引っかかったのかと思い、
指を入れたら、噛まれました。
もうそんなに強くは噛まないようになったかな…
と思っていましたが、強く噛まれ
左手人差し指の関節部分が内出血…

喉は大事には至らず、
特に何でもありませんでした。

「噛んだ~痛い~」と言うと、目をそらします。
一応悪いとは思っているようですが
私の視線を避けています。

寝るまで私も気が収まらず
エンジェルくんは何度も甘えてきましたが
「痛い、知らない…」と
私も意地を張りました。

朝起きてもなんとなくお互いに
まだ打ち解けず…
今回は結構長い…
エンジェルくんを見送りました。

エンジェルくんは園で、私は私で
それぞれお互いの時間を楽しく過ごし、
ストレスも発散できて
迎えた時にはお互いすっかり忘れ
ラブラブモードに戻りました。

エンジェルくんとのわだかまりも
無事、時と共に去りぬ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック