心のゆとり

今日はエンジェルくんとボーッ
テレビと録画を観て過ごしています。
時間に追われることなく
気持ちにゆとりがあるので
いろいろ思い巡らしています。

次男は今日遅くに帰宅する予定です。
今回の次男のおばあちゃん宅訪問は
次男の方から言い出してくれ、
私はとても嬉しく思っています。

もし、3月中にエンジェルくんの
ショートステイが取れて、
次男が暇な時があれば、
一緒に行きたいと思っていました。

でも次男は引っ越しなどで忙しかったので、
またの機会と思っていました。
私は4月中旬が母の誕生日なので
それに合わせて行ってきましたが、
次男は自分の出張があり、
帰りは自由に帰れることになり、
自ら「挨拶に行きたい」と言ってくれました。

結婚30年は、ほぼ広島が中心で、
エンジェルくんが小さい時は
東京に連れて帰ることもありましたが、
次男が生まれたあとは、
4歳違いではありますがバギー2台で、
ほぼ赤ちゃんが二人状態だったので
なかなか動けなくなりました。

養護学校に入り、エンジェルくんの
宿泊旅行の時を利用して
実家に帰れるようになりました。
盆や正月などの長い休みは
広島に行っていたので
どちらかというと私の実家とは縁遠く、
次男の中で、あまり意識はしてないと
思っていました。

次男の前で、そんなに東京の話は
せずに育ててきたつもりなので
今回、私の母に会ってきてくれる…
と自ら言ってくれたことは、初めて
気に掛けていてくれたんだ…と
知ることができ、嬉しく思いました。
積もる話については、また後日…

大学で3年編入するまでは
あまり人間関係について深く考えずに
平凡に過ごして来れましたが
編入先の担任の先生が
かなりのわがままお嬢様おばあちゃんで
理不尽さに振り回され、
初めて人間関係で悩みました。

その後はお姑さんもこれまた
わがままお嬢様おばあちゃん
だったんだと思います。
これまで、色々悩んできました。
どう考えて、どう対処したらいいのか
常に考えてきました。

若い頃は、自分に自信がなかったので
自分が悪いのかと自問自答し、
それでも解決策が見つからず、
その答えがわかるのは、5年後、10年後で、
やっぱりそうだったか…と
必ずわかるのですが、
かなり辛抱が要りました。

最近は年の功で、
5年先がかなり読めるようになりました。
テレビドラマでは、きちんと時間内に
良いように解決をしてくれますが、
現実はそうはいきません。

今は先のことがだいたい想像つくので
そのうち皆わかるはずだ…と
自分なりに解決できています。
解決するまでに時間はそれなりにかかり
どちらにしても辛抱は必要ですが、
同じ年月待つとしても
昔のような不安はなくなりました。
かなり気もちは楽になり、
自分を信じられるようになりました。

先日もレッスンの生徒さんに
変わった新入社員さんの話を聞き、
「今すぐにはわからなくても
一事が万事ということはよくあるので
そういった小さなきっかけの積み重ねで
結局は人間性が皆に知られて行くものだから
長い目で見てみたら」と話しました。

生きていく以上、人間関係は上手に
気分よく過ごしていきたいですね。

今朝は『ポツンと一軒家』の
録画をエンジェルくんと観ましたが、
あの番組に出てくるお年寄りは
皆さん、穏やかでとっても素敵な笑顔です。
少なくとも、ストレスは溜まってなさそう…

摩天楼の中や、競争社会にいるよりは
私はストレスは溜まっていないと思いますが
できるだけ、楽しいことを考えて生きていると
あんな素敵な笑顔になれるのかな…
なんて羨ましく思いました。

おじいちゃんが、
お金のためではなく
皆さんに奉仕の気持ちで
機械の修理をしていることに、
おばあちゃんが、
「この人は、天国へ貯金している」
と言っていました。

一瞬戸惑いました。
天国へ貯金…
そういう言い方は、
考えてみたこともありませんでした。

徳を積む…ということ…
目先の利益にとらわれず、
人のためにできることをする…
思うだけで全くの未熟者ですが
私も常に目標にしていることです。

現実は、先生方やヘルパーさんなどに
助けていただきながら
エンジェルくんと毎日過ごして、
合間にやりたいことをやる…
という他人様のためには
何一つできていない…
という現状ですが…

しかしながら、頭の中では
少しでもそんな自分でありたい…
という高みを目指しているつもりです。

こちらは今朝7時のベランダからの
ハロであります。
やりたいこと、楽しいことは
いろいろやって、とりあえず
ストレスは溜めないようにしてます。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック