ガングリオン

東日本大震災から8年経ちました。
エンジェルくんはもう園に通っていました。

まだ送迎バスは運行されていなかったので
直接、園に迎えに行きました。
エンジェルくんを車に乗せると
車の昔の地デジじゃないテレビの
内容が一変していました。
日本語だけでなく、何か国語の放送もあり
最初は一体何が起こったのか
わかりませんでした。
大変なことになったようだ…
とそのくらいの認識でしかありませんでした。

その後にあんなに大きな津波が来るなんで
全く想像だにしませんでした。

『平成』という時代も、もう少しで終わります。
結婚したのは元年でした。
エンジェルくんの園も30周年です。
ちょっとずつ時代は変わっていきます。

アナログからデジタルになり、
いえ電から、携帯、スマホ…
果てさて、私はこのスピードに
いつまでついて行けるか

この間の片づけでは捨てられなかった
“人生ゲーム”を今日ようやく捨てました。
もうそんな卓上ゲームは
しないですよね~

ところで、『ガングリオン』って
聞いたことがあるでしょうか
昨年秋にピアノを弾いていて
何の気なしに手首を曲げてみたら
右手の手首だけポコって角張っていました。
何じゃこりゃ

痛くも痒くもなく、ただ直径1㎝くらい
丸く飛び出ています。
上からつぶすと、ちょっと柔らかい…
骨ではなさそう…
それまで骨粗鬆症を気にして
カルシウムのサプリメントを飲んでいましたが
何だか飛び出てきたので
飲むのをやめました。

飲むのをやめても引っ込まず、
気にながらもそのままにしていました。
最近になって、私より年下の堀ちえみさんの
体調不良のニュースなどを耳にして、
悪性だったら怖いな~と
漠然と思うようになり、
スマホで調べました。
『ガングリオン』

心配してるより、病院に行こう…
と思い、ようやく今日は14日ぶりに
午前中に暇ができたので
外科のお医者さんに行きました。

昨年8月にも肋骨内部が痛くて行きました。
その時はこぶは無かった…

先生は「ガングリオンだね。調べた
って聞かれました。
今のご時世、調べて行くんだな…

「ハイ」って言ってもいいものか
一瞬悩みました。
っていうのも、ドリフのお医者さんコントで、その昔
「風邪ひいちゃって」ってお医者さんに行くと
「なんでわかるのあんた、医者
私が診るから…」みたいなやり取りのコントがあって
知ったかぶりしちゃいけないんじゃないか…
なんて気持ちが一瞬頭を横切りました。

でも今はスマホの時代…
ある程度調べてくるのも当たり前だろうと
「ガングリオンは調べました」と
正直に答えました。
針を刺して中の水を抜く方法もある…とか
特に悪性ではない…とか
ひととおりは読んで行きました。

まずは骨に異常が無いかを調べるため
レントゲンを3枚撮りました。
両方の手の甲を上から、斜めから、横から…
左右を比べるために両手だそうです。
骨には異常はなく、
右手の手首の付け根に薄っすら白く見えました。

次に超音波で調べました。
妊娠中のものだけだと思っていたら
外科にも超音波がありました。
「この黒く丸くなっているのが水ね」
「針刺して抜く」と言われ
お願いしました。

ちょっと太めの針を手首に刺し、
ちょっとチクッとしました。
透明の液体なので
取っている時はわかりませんでした。
取った後、よ~く見せてくれました。
トロトロのゼリー状の液体が取れました。

血も滲んでおらず、きれいな透明のゼリーでした。
思わず、「これ膝に戻して欲しい…
なんて言ってしまいました。
膝が最近スムーズさに欠けるもので…

こぶはほぼ平らになりました。
ほんのちょっとは残っていますが…
関節から袋ができて、
そこにゼリー状の液体が溜まってきたようで
これからも溜まってくる可能性は大だそうです。
また異常があったり、溜まってきたら
来るように言われました。

処方される薬は無しです。
これからも度々行くことになるかもしれませんが、
とりあえず安心して帰宅しました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック