あこがれ

私が描く“いいひと”は
たいていほんわかしていて
温かい人です。

今までの人生で知り合った中で
3~4人います。
私自身が、利己主義でわがままで…
だからそういう人に憧れます。

いい人だなぁ~と思っても、
必ずしも友達になれる訳ではない…
そんなもんです。

社宅の時も、お一人いました。
社宅は階段ごとにグループになっていて
お隣の階段の人とは
なかなか親しくなることが難しい…
でも未だに年賀状だけはしています。

いつもニコニコ接してくださって
分け隔てなく平等に付き合える人…です。
自分もそうなりたい…と
憧れの気持ちを持っていました。

園の中にもお一人います。
エンジェルくんが入園してまだ日が浅く、
なかなか大先輩に連絡を取り辛かった時、
嫌な顔一つせず、
「電話しとこうか」とか
「私から伝えとこうか」とか
「私がやっといてあげる」と
言ってくださって、
どれだけ有難かったか…
私もそうなりたい…
園の中でそんな存在になれたら…
と思って過ごしてきました。

10年の年月を経て
いろいろな役員を引き受け、
皆さんと関わっていくことで、
私も園のどなたとも
ほとんど屈託なくお話したり電話したり
できるようになりました。
その点は自分でも成長できたと
自画自賛できるところかな…

園の保護者会の役もいろいろありますが
結局は人間関係だな…と思います。
おそらく、規模の大きい小さいはあっても
人生って行き着くところはそれだな…
と最近、切に思います。

例えば、パソコンで何ができるとか
問題はそこではなく、
人との繋がりを上手くやって行けるか
が大切だと思います。

保護者会なんて、会社ではないので
結局は、皆さんの意見のとりまとめ役…
勝手に何をしていい訳ではなく
皆の意見を如何に総意として
取りまとめられるか…だと思います。

たまに権力を得られたかのように
勘違いをする人もいなくはない…

私は、憧れた先輩お母さんのように
皆さんのお力になることを
自ら引き受けることを
理想としてやって来ましたが、
先ごろ、それがどうやら
お気に障ったらしく、
私としては何とも残念ですが、
しかしながらそれによって
私にゆとりを与えてくださったことに
今では感謝しています。

でも今でもどこかでトラブルが発生すると
よく私に相談を持ち掛けてくださいます。
それはそれで感謝の気持ちになります。
何かと未だにお悩み相談係…です。
陰ながら連絡を取っています。
結構気は使ってます。

どこか、競争社会のような中で
育ってしまったし、
根本的な優しさに自信がないので
どこまで理想に近づけているか
わかりませんが、
人間としての許容範囲をもっと広げて
ちょっとでも優しい人間になっていきたいと
思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック