考え方

今日は成人式。
良いお天気で良かった。
私の時は大雪でした…

成人について、選挙、飲酒、喫煙など
それぞれ意見が分かれるところで
難しいです。

人の付き合いというのは
それぞれ違う部分を認め合って
どう上手く付き合っていくか…
だと思います。

おそらく育ちの違いや
置かれた境遇などによっても
考え方は変わってくると思いますが、
かなり考えが似通っていたり、
波長が合う人に出会うと
付き合いも楽ですし、少しホッとします。

障害児を授かっても、
捉え方というのは意外といろいろです。
養護学校でエンジェルくんより
後輩で入ってきたお母さんで、
「私は早く施設に入れて
自分の時間を楽しみたい」
と言っている人がいました。
私は度肝を抜かれました。
エンジェルくんは、4歳半まで
身体障碍児の施設に通園していましたが
そういった意見の人は一人もいなかったので
すごくショックでした。
初めて、考え方って人それぞれなんだなぁ
と知りました。

先日、ある方とお話していたら
「生んだ以上は責任がある」
と言っていました。

それは健常な子でも障害があっても
同じことだと思います。
返って健常な子の方が
社会で真っ当に生きて行けるように
しっかりと育てなければならない…と、
より責任は強く感じます。

しかし、エンジェルくんを授かり、
お医者さまや、通園施設や学校では
先生方にたくさん助けていただいて
今まで乗り越えてきましたが、
睡眠障害や、外でひっくり返ったり
食事、排泄…いろいろな面で
とても大変でした。
小さい時は多動もひどく
発作が起きたりもしたので
たくさんたくさん、いろいろなことを
乗り越えて今に至りますが
大変な思いをすると、
もう少し迷惑の度合いを少なくしないと
他人様に託すことはできない…なんて
そんな風に多少責任を感じつつ
今に至ります。

しかし、『責任』だけでエンジェルくんと
共に過ごしているの
と自問自答した時に、
そうだとしたら、エンジェルくんが可哀そうだし
自分が悲しい…と思いました。

自分の健康が保てなくなった時には
次のことを考えなければなりません。
でも今は、よくぞ私のところに
(天から)降りて来てくれた
私を親に選んでくれた
とエンジェルくんに感謝の気持ちです。

今までも度々書いていますが
エンジェルくんの障害名は
8歳の時にようやくわかりました。
それまで『発達遅延』と言われていて、
障害を受け入れていましたが
この子は健常のルートでは無理だぞ
と私が障害を自覚した時から
「自分なりに精一杯、
この子を幸せにしてあげたい」
と思いながら育ててきました。

若かった私は理解が乏しく、
我を通そうとしたときもありますし、
ひどく怒ったこともありますし、
叩いたこともありました。
最近じゃほとんど私との外出は
少なくなってしまいましたし、
エンジェルくんがどう思っているか
エンジェルくんに直接
聞いてみないとわかりません。
幸せって思ってくれているかなぁ~
思っていて欲しいなぁ~

次男とは前世での繋がりがあった…
と言われたことがありますが、
生まれ変わったらエンジェルくんと
夫婦になれたら幸せな人生だろうなぁ~
なんて思う今日この頃です。

また最近の一連の話を持ち出しますが
先日、ある部の相談受けて
園のお母さんにお会いしました。
資料を一部作りますが、
「いつも本当にありがとう。
いつもごめんね。」と言ってくださり、
そんな風に言ってくださって
今の私はウルウル

「これからもお願いします」
と言われましたが、
今後はお手伝いをするのが
難しい状況だ…とお話しました。

遠回しにお手伝いできなくなる
理由をお話すると
「自分も同じようにやらなきゃならない
と思っているんじゃない
という意見を頂きました。
確かにそう言われたことはありました。
しかし、立場に関係なく頼まれてきたので
頼まれたことを引き受けるか断るかは
個人の問題なので
あまり関係がないように思っていました。

次にいただいた意見は、
一生懸命やる姿を見て
体調を案じているのではないか
ということです。
それは考えもしなかった…
なんと有難いことに
私は気付かなかったのか…
次回「やめてくれ」と言われたときは
「お気遣いありがとう」と言ってみるべきか
・・・ん~やっぱそれも
何か違う気がする…

自分の許容範囲外のことに関しては
どう理解したらいいのか
すご~く難しい…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック