日本バンザイ

今日は一日 家で過ごしました。
ほぼテレビ漬け…

今日は所さんの番組を
BSで再放送していました。
日本のチカラに感動しました。

ひとつは『目がテン』です。
すっかり荒れ果てた土地を
5年かけて自然豊かにしていく過程を
ひとまとめにして放送していました。

まずは荒れ地に畑を作ること。
水はけの悪い土地だということで
まずは吸水性のある肥料を
混ぜ込むところから始まり、
次に池を作ってドジョウを放流。
山から湧き出る清水を引いてきて
水をきれいにして、ウナギを育てる…
養殖のウナギはほぼオスしかできないそうで、
それが、きれいな自然環境を作り
放流したところ、6匹中5匹が雌だった
という素晴らしい結果になったそうです。

ウナギのことはネットで
読んだことがありましたが、
今日その経緯を改めて知り、
感動しました。
自然は大切だなぁ~と思いました。

もう一つは『ビフォーアフター』です。
以前放送したものをBSで
2回分まとめて再放送していました。

昔はちょくちょく観ていましたが
最近は観ていませんでした。
久しぶりに観て、いろいろ感動。

初めてビフォーアフターが
海外に出た…という回でした。
フランスのモンマルトルのお部屋の
リフォームです。

どちらかというと内装とか大工仕事とか
好きなほうですが、
私がするのは、まるでおままごと
家具とかは自分で組み立てますが
それを木から切ったり
ダボや穴あけを自分でできたら
メッチャ楽しそう~
と今日はしながら観てました。

和の匠に改めて感動しました。
丁寧な仕事、心のこもった仕事…
日本のチカラはやっぱスゴイ

エンジェルくんの園も築30年です。
いろいろ修理が必要…
匠でも来てスヌーズレン作ったり
いろいろ手を加えてくれたら
面白いのにな~なんて思いました。

テレビの話からは外れますが
言葉について、ちょっと考えました。

エンジェルくんが小さい時に先生が
本に載っている2枚の写真を
見せてくれました。
氷の結晶の写真で、
一枚はきれいな結晶、
もう一枚はグチャグチャの結晶でした。

先生の説明によると
一つの水には「ありがとう」など
良い言葉をかけて、
もう一つには「バカ」とか
良くない言葉かけをして
凍らせた氷だ…という説明でした。

その説明を聞いた時は
私も若かったですし、
眉唾…とすら思い
そんなこともあるんだろうかと、
どちらかというと半信半疑で
自分では判断が付きませんでした。

目に見えないものを判断するって
とても難しいです。
でも今の私は、そういうこと、
絶対ある…と思っています。

言葉ってとても大切だと思います。
目に見えないものほど大切だと思います。
言葉には、やはり『言霊』が宿っていて
それを話すときの心情なども
見えないけれど、知らず知らずのうちに
反映されていくものだと思います。

普段使っている言葉遣いも大切で
エンジェルくんは、しゃべれませんが
目に見えない『言霊』を
きちんと読み取る力はあります。
障害があると、普通以上に
読み取る力が敏感になるように思います。

「ありがとう」一つとっても
「ありがとう」だから必ず
良い言霊にはならないと思います。
その言葉を発するときに
感謝の気持ちが宿っていると
きれいな結晶になるだろうし、
別にありがたくもないけど…
と気持ちがこもっていないと
綺麗な結晶にはならないんじゃないか
と思います。

なので、人に対して、
相手が年取っていても、若くても
上司でも、部下でも、
言葉を発するときは
常に優しい気持ちを込めて発するべき…
と思っています。

しかしそんなことを思っていると
嫌な言葉をぶつけられても
全く返すことができません。
返さないほうがいいとすら思っています。
言われたことを真に受けすぎて
自分が体を壊しては損ですから
ストレスを溜めないように
適当に右から左へ受け流す…
ってちょっと懐かしいですが
そんな風に思います。

日本語は語彙も豊富ですし、奥深いです。
結構、気の置けない友達には
べらんめえな言葉が出てしまう私ですが
美しい日本語を心がけなきゃ
と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック