人生観

今日もスイミングは12時からなので
朝、名谷をボケボケと歩いていたら
声を掛けられました。

いつもだったら、時間に追われて
わさわさと歩いていますが、
ちょっと時間に余裕を感じて歩いていると
「小さいお子さんを育てていると
悩みがたくさんあると思いますが
そんな悩みを解決してくれる講演があるんです。
聞いてみませんか
と声を掛けられました。
暇そうなのって見抜かれるものだな…
と嫌になりました。

小さい子供がいるように
少々若めに見られたことは
ちょっと嬉しかったですけど…

その女性によると
自分は旦那さんにも子供たちにも
あれこれ命令する人間だったけど
講演を聞いて変わったんだとか…
そうすることで、人間関係が
すべてうまくいくようになったんだとか…

私の方からは
「私は子供が成人してるんです
「子供に勉強しろって言ったことないんです」とか
「一人は障碍児です」と
話しました。

その人が教えてもらった…
という話の内容は
私の場合は自分自身で
エンジェルくんを育てながら
乗り越えて理解してきたことばかりです。

20年前、まだ姑のことなどについて
いろいろ悩んでいたときは
もしかしたら聞きたい…と
思ったかもしれませんが
今はかなり人生も客観的に捉えられ、
自分なりに見つめられるようになったので
もう悩みの渦中にはいません。

たまたまですが、
先週の土曜の『サワコの朝』のゲストが
スピリチュアリスト江原啓之さんでした。

「つまづきは成長への第一歩」
というお話がありました。
私はエンジェルくんを育てることで
身をもって体験しています。
勿論、エンジェルくんとの出会いは、
最初は私自身“躓き”であると思いました。
しかし、ようやく乗り越えられることで
それは決して躓きでなく、
自分を変えてくれた大きな存在である
ということに気付きました。
こんなに有難い教えはそう簡単に
転がっているものではありません。

また、その番組で
「うつうつと悩んでいるうちは
自己憐憫(れんびん)なのだ」
私って可哀そう…と自分を憐れんでいるだけ。
「だんだんと乗り越えられることで
分析をしていくものなのだ…」
というお話もありました。

私自身も、人をどうこう言うより
治らない人は治らない。
諦める部分は諦める…
こういうものの考え方しかできない
本当に損な人だな…と
客観的に分析した結果、
その上で自分はどうするのか
を考えてきた気がします。

冷静に客観的に観て、
対処していけたらいいなと思います。
頭に血が上っていると
なかなか冷静になるのは難しいですし
一度出来上がった思考回路を
変えていくのはとても大変ですが…
理想としては
なるべく短期間で乗り越えて、
割り切れるものは割り切って
次のステップに行きたいものだな…
と思います。

それににしても私は宗教に誘われやすいのかな
そんな顔をして歩いてるんだろうな…
と思います。
でも意外と意志は強固ですけど…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック