出足はつまずいてばかり

昨日は、取り立てて大きな失敗も忘れ物もなく、
無事に新年会を終えることができました。
しかし、改めて、人前でしゃべることが苦手だと
再認識しました。

昨日は、なるべく早く行って、
準備にかかりたかったので、
ヘルパーさんとの約束の10分前に行くつもりでした。

トイレを済ませて家を出ましたが、
駅前に着いて車から降りようとすると、
「ア゛~」と訴えました。
「トイレ」と聞くと、
動きがかたまっています。

約束までまだ10分あったので、
トイレに向かいました。
妙法寺駅は身障トイレがありません。
1階のトイレより、まだ2階のほうがきれいなので、
今日は2階のトイレに入りました。
やっぱり大丈夫、行かないって時は、
トイレに向かうのを強く拒否しますが、
昨日はかなり慌てていて、サッサとトイレに向かいました。
座って3分くらいは周りの様子を見て、
ちょっと緊張気味でしたが、
5分位してようやくお出ましに…
女子トイレはガラガラで、助かりましたが、
でもずっと誰もいなかった訳ではないので
エンジェルくんは平気でうなってしまうので、
ちょっと恥ずかしかったです
5時を1~2分回ったところで、無事終了。

3分過ぎに、改札へ。
トイレを済ませたことをお話してお願いしました。
いつもの、エンジェルくんのお気に入りのヘルパーさんです。
出足から躓きましたが、
ほんの10分程度で終了し、一件落着です。

私は車に戻り、ナビ様を設定。
山麓を通る道…たぶん…で行きました。
私は「山麓」って、ずっとの36号線って思ってました。
それは余談ですが、六甲荘までは20分くらいで
思ったより早く着きました。

まず、座席に先生方の名前の札を置きました。
上座とか下座とか、カラオケの場所とか
実際会場に行ってみると、
打ち合わせのときとはいろいろ違っていて、
戸惑いました。

定刻になり、出席予定の皆さんはほぼ揃いました。
まず、挨拶です。
保護者会のときはマイクを持っても
普通にしゃべれるようになっていたので、
大丈夫だろうと思っていたのですが、
「始めさせていただきます」って言った後に
しゃべる項目は頭に入っていますが、
「あれどれが先だったっけ」って
すっかり頭が真っ白になりました。
「緊張するようなメンバーじゃないやろ」って言われました。
そのあとは適当に繋げられて何とかなりましたが、
やっぱり嫌だぁ
出だしで躓きました。

始まってしまえば、ワイワイガヤガヤで、
それなりに進行できましたが、
途中で、いろいろ言葉を挟むのが下手です。
気の効いたこととかぜんぜん言えない
やっぱ、ぜんぜん向いてないし、
人前が苦手だって改めて思いました。
人間、得意不得意はありますが、
経験は大切なので、
いい経験をさせてもらったと思っています。

ビンゴとかカラオケで盛り上がりました。
こんなくじ引き箱を作りました。
100円均一の鍋敷きと
家で余っていた引き出しつきの空き箱と
クリスマスの飾りをちょっとだけちょん切って作りました。
画像

カラオケを、どこまでで打ち止めにするか
結構時間配分に悩みましたが、
無事、8時半ピッタリに会を終了することができ、
その後も順調に先生方をお見送りして、
8時45分には六甲荘を出ることができました。

知らないところの夜道は緊張しました。
迷うことなく、早めに戻って来られました。
エンジェルくんも無事、ご機嫌で戻ってきました。
地下鉄と市バスと、山陽バスに7回も乗り継いでくださいました。
前回、生田神社に出向いて、「オエ」ってなったので、
今回は乗り物ツアーにしてくださったようです。
外が暗いせいか、いつもより
乗り物では大人しくしていたそうです。

結局6000円のコース料理もほとんど食べられず、
お腹もすいて、疲れ果てて
9時45分に無事エンジェルくんと帰宅しました。

今朝も昨日と違うヘルパーさんにお世話になりました。
家を出て、立体駐車場を上げようとすると、
エンジェルくんがいたずらで、上に乗ってしまいました。
それで、ちょっとだけ上げてもらうのが楽しみで
たまにわざと乗ります。
今朝もちょっとだけ上げてあげたのですが、
その、ほんの2センチほどの段差で
足をひねってしまい、ひざをすりむきました。
昨日と今日で、出だしに躓くこと3回目です。
服の上からでも、ちゃんと皮がむけていました。
今日も穏やかに乗り物に乗せていただけたようです。

保護者会長としては、大イベントが終わりました。
今は、ちょっと頭ん中、空っぽにしたい感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック