不思議な感じ

今朝は7時に目覚めました。
エンジェルくんと母、ほぼ同時でした。

同時…と言っても、
母はちょっと前から、脳の中は目覚めていましたが、
頭が痛くて、横になって目をつぶっていました。
寝たり、頭が痛くて起きたり…の繰り返しでした。
横になっていても、頭が痛いのって久しぶりです。
結構ひどい頭痛です。

起きてすぐに、ういろうを切って食べて、
頭痛薬を飲みました。
空きっ腹だと、胃に来るので…

今朝は曇り空でした。
目の前の山から、蒸気が上がっていく様子を写しました。
画像

今日は9時半からヘルパーさんでした。
その頃には頭痛も治まり、
駅まで行きました。
今日は新しいヘルパーさんを紹介していただきました。
かなり細~くて、長~い方です。
また、エンジェルくんより年下かな

新しいヘルパーさんに“様子見”だったようです。
いつもは地下鉄だけに乗せてくださるヘルパーさんと
新しい方と二人だったのですが、
「バスに乗りたい」と訴えたようです。
地下鉄でいうとお隣の駅同士の
『妙法寺』と『名谷』をバスで行き来したそうです。
そんなにごねたりもせず、良い子で過ごせたようです。

話は変わりますが、今朝のテレビで、
山梨県の『女子ボクシング3姉妹』の話題をやっていました。
そこでアナウンサーが「練習、しんどい
って聞いていて驚きました。
関東のアナウンサーが「しんどい」って使うの、
昔じゃあり得ません

私が神戸にやって来た20年前、
“しんどい”って、全国版じゃありませんでした。
…と私は思ってます。
関東では「疲れた」しか使ってなかったです。
でも神戸にやって来てから、
「しんどい」って言葉も聞きなれて、
「疲れた」や「つらい」とも
微妙にニュアンスが違って、
すごく便利な言葉だなぁ~
思うようになりました。

私が小学校6年の時、
京都から男の子が転校して来ました。
その子が、昼休みの後、汗だくになって
「あ~しんど~」って言いながら
教室に戻って来ました。
その子の言い方も特徴があって
私には「あ~しんだ~」に聞こえて、
私は何言ってんだか訳がわからず、
家に帰ってから
「この間入って来た転校生が「死んだ~」って言って
教室に帰ってくる
て母に話したことがあります。
「関西では疲れたことを“しんどい”って言うのよ。
たぶん“しんだ”じゃなくって“しんどい”じゃないの
って教えてもらったのが、初めてでした。

今朝の山梨のアナウンサーが
「しんどい」って普通に使っていたので、
全国的に共通の言葉になったのかな
って、ちょっと不思議な気持ちです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック