細かいこと

今日は保護者会でした。
今月は報告事項がいっぱいで、
たくさんしゃべって結構疲れました。

私が園を出入りする時間に、たいてい
エンジェルくんは玄関前のソファに座っています。
今は横をウロウロしても、
目で私を追ってはいるものの、
追いかけてきたりすることは全くなくなり、
私もまず後ろ髪を引かれるようなことはなくなりました。

今日も「アッ」みたいな顔で
何となく笑いながらこちらを見ていますが、
動こうとはしませんでした。
小学部、中学部、高等部と少しずつ成長してきましたが、
今また、施設でお世話になって、
かなり落ち着いてきました。
先生方に、口々に
「随分落ち着いたね~」と
言っていただいています。

次男は一昨日の土曜日が
高校の文化祭だったので、
家で留守番でした。
昨日が文化祭の友達も多く、
昨日の時点では、
「今朝5時に起きて友達と山登りに行く」
と言っていましたが、
朝から雨だったので取りやめになり、
かわりに朝8時から遊んでいました。
あまり気にせず、留守番をしてもらえるようになり、
ありがたく思っています。

母は約一時間の保護者会を終え、
その後、バザーの品物の値段付けをしました。
役員皆で頑張ったのですが、
終わったのは1時近くになってしまいました。

次男はエンジェルくんへの理解もあり、
たまにエンジェルくんの仕草や、寝顔を見て
「兄ちゃんか~わいい」と言ってくれたり、
食事の後、自分の部屋に戻る時に
頭を撫でてくれる時もあります。
でも、横から食べ物を取られそうになった時、
全くお裾分けをしてくれず、
パクッと一口で食べてしまうこともあります。

高校では1年生から引き続き、
ボランティア活動委員になっているそうで、
文化祭の時も、
「おじいさんの車椅子を押した…
でもおじいさんが用事で、
早くに帰ることになったから、
すぐに暇になった」と言っていました。
そんなことも普通に頑張っているようです。

ところで、昔から疑問に思っていることがあります。
それは関西には、たまに
“ページ”を“ぺーシ”と濁らない人がいます。
英語のスペルもpageであってpasiではないのに、
たまに濁らないペーシという言い方を聞きます。

神戸にやってきてから、
初めて聞いたとき、
一体どういう意味だろうと思いながら、
大して気にはしていませんでした。
次男が小学校に入って、
「ペーシ、ペーシ」と言うので、
「ページでしょ」と何度か注意をしてみましたが、
なかなか「ページ」と言おうとしません。
これはもしかしたら先生がそう言ってるんだろうか
それとも耳が悪いんだろうか
結構真剣に考えましたが、
そのうち、意味がわかれば自分で気付くだろうと
気になりながらもそのままにしておきました。

その後、中学校の教頭先生とか、
高校の説明をしてくださった先生とか、
「ペーシ」という言い方をする方は
ちょくちょくいらっしゃいます。
未だに、どういう意味なのかわかりません。
これも県民性でしょうか

細かいことで悩んでます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック