歯止めがかからない

今月紹介をしていただいた
新しい女性ヘルパーさんに
10時から、連れて行っていただきました。

マンツーマンでは初めてです。
エンジェルくんはちょっと背筋が緊張気味に
ホームに下りていきました。

母は今日は地元妙法寺で過ごしました。
よく行っていたお豆腐やさんは、
5月いっぱいでとうとうなくなってしまい、
今度は自然素材のドーナッツやさんができるようです。
ちょっと楽しみです。

和菓子屋さんで、今日はおはぎを買ってきました。
きな粉とあんこと、ひとつずつです。
おやつに食べました。
レジに並んでいる時、
駐車料金加算の危機に気付きました。
1時間半まで、お買い物をしていたらタダですが、
超えると30分50円増しになります。
50円増しになるタイミングに異議あり

妙法寺は、1分でも過ぎたら、加算されます。
お隣の名谷駅は15分くらい余裕があります。
15分くらい過ぎて券を入れても
『0円』という表示が出ます。
三宮とか神戸とか“街”に出ると、
きっちり取られますが、
妙法寺はハッキリ言って“田舎”です。
電車は『下り』になりますが、
名谷の方が、駅ビルやセンタービルがあって、
“まち”に近いと思うのですが、
なんでこんな田舎できっちり取られるのか
母はとっても不満です。
並んでてギリギリOUTの時が多いので、
いっつもヒヤヒヤです。
今日も50円加算されてしまいました。
小さなことで腹を立てております。

エンジェルくんを迎えに行くと、
事業所から電話が入りました。
「学園都市で動かなくなってしまった」という内容でした。
まだ10分くらい前だったので、
もう一度連絡を入れる…ということで、
時間まで待ち、やはりギリギリになって
「学園都市まで来て欲しい」と
電話がかかりました。

慌てて切符を買って向かいました。
頭をよぎるのは、パニくらないで
頭を打ち付けないで居てとか
今のところから動かないで
大人しくしていてとか、祈る気持ちでした。

学園都市の改札を出ると、
バス停の前にお姉さんと二人で
立っていました。
ヘルパーさんのお話によると、
まず、もうひとつ手前の駅の
総合運動公園で「降りたい」という
意思表示があったので、降りたけれども、
エレベーターが修理中でやめた…ということでした。
男性ヘルパーさんは、いつも階段で
連れて行ってくださっていますが、
やはり女性なので、エレベーターを使うようにと
指導されているようです。

それで、隣の学園都市で改札を出てあげよう
と思ってくださって、
垂水駅行きのバスに乗せてくださったそうです。
学園都市も一通り散歩し、
そろそろ時間なので、妙法寺に引き返そうと
地下鉄に向かおうとしたところ、
「もっとバスに乗りたい…」と
わがままを言ったようです。
私が行った時も、エンジェルくんは
ワクワクしながら、
バスを眺めていました。

「もう、帰るよ
ちゃんと、言うこと聞かなきゃダメでしょ」と
話しましたが、まだ「でも乗りたい…」と
わがままを言っていました。
名谷駅に着いた時も、
「ここで降りてみようか」と
いきいきと提案するような顔で
私にも訴えかけてきました。
「降りませんもう帰るの
君が降りるのはお隣」と
きっちり阻止しました。

まったくエンジェルくんは、
ちょっと思い通りになると、
どんどんエスカレートして行きます。
DVDを借りてきた時もそう。
「さぁ、次の新しいのを出せ」と
延々と新しいDVDが出てくると思ってしまいます。
家での録画もそうです。
「これは見飽きた。もっといいのを探せ」とばかりに、
とめどなくわがままを言ってきます。
キリがない…。
“欲”があることは嬉しいのですが、
自制して、歯止めをかけることができません。

妙法寺に戻ってきて、エレベーターに乗ると、
まず私に抱きつき、ちょっと反省。
一応、私が迎えに行ったりして、
“悪い”とは思っているようです。
次にヘルパーさんの首を自分の方に引き寄せて、
ニコニコと「許せ」みたいな態度…
ヘルパーさんもお優しいので、
「許す許す」と言ってくださいましたが、
本当に大変な思いをさせてしまいました。
もう懲り懲り…なんて思わないで欲しいんですが…

やっぱり、エンジェルくんとの冒険は
何が起こるか、どこでストップするかわからない…
車以外のお出かけは、
親の私が二の足を踏んでしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック