向き、不向き

今朝は3時半起き…
お漏らしあり…
ヘルパーさんは午後でした。

昨日も私の就寝は0時過ぎでした。
夜中に「ア゛~」と言いながら
頭を羽交い絞めにされたのですが、
「寝て」と言って、
エンジェルくんの手をよけました。
よけたものの、「相手にしてくれない…」と
反抗して漏らされたりして…
と嫌な予感が頭をよぎり、手を伸ばしてみると、
やはりOUTでした。

朝から洗濯に追われ、
ずっと眠くて、立ってても目をつぶっていましたが、
8時頃になるともうすっかり目覚めました。
逆に今までHighテンションだったエンジェルくんは
熟睡し始めました。
こちらは、もう寝られません。

今日は午後3時からヘルパーさんでした。
エンジェルくんの大好きな、
いろいろなところに積極的に連れて行ってくださる
有難いヘルパーさんでした。

今日はいつものように妙法寺駅から地下鉄に乗って、
板宿駅で下車して、バスに乗ったそうです。
団地をぐるっと回るバスに乗り、40分。
ちょっとずつ、飽きてきて、
「次、降りよう」と訴え始めたそうです。
途中の長田駅で下車し、戻ってきたそうです。
乗ったこともないバスに乗ってみるって、
スゴク勇気のいることだと思います。
私はとりあえず1回は下見をしておかないと、
エンジェルくんと乗るのは怖いです。
いつもいつも大冒険をしてくださるので
本当にです。

いろいろなヘルパーさんにお世話になっていますが、
今日のヘルパーさんとは、エンジェルくんは
どうやら“相性”もいいようです。
やはり人間だから、“相性”ってあるし、
とても大事だと思います。
大抵、改札でヘルパーさんに出会うと
エンジェルくんは抱きついていますが、
しい」とすぐに抱きつくヘルパーさんもいれば、
「この人か…」と結構冷静に眺めていることもあります。

エンジェルくんは自分に“好意”のある、なしについて、
一瞬で見抜きます。
フィーリングでわかるのでしょうか
そういうことに異常とも思えるほど敏感だと思います。

障碍児(者)と関わること、
おそらく高齢の方との関わりも同じと思いますが、
大切なのは“心”なので、
勉強で学べるものではなく、
どうしても“向き不向き”というのがあると思います。

エンジェルくんが養護学校に在学中も、
いろいろな先生がいらっしゃいました。
親の方もなかなか敏感になっていて、
少し話してみて、「初めてだから、わかってもらうまで大変だな」とか
「この先生は心で接して下さる方だな」とか
こちらにも結構見抜く力が備わってきました。
中には、何年経っても変化がなく、
いつもお母さんたちにブーイングの先生もいましたし、
最初慣れてないな…と思っていても、
1年間経つうちにご理解下さる場合もあり、
それらは、十人十色、千差万別でした。

先週訪問した施設の施設長さんも
同じようなことをおっしゃっていました。
「人間だから、向き不向きがある。
それが良い、悪いではなく、
必ず“向かない人”というのもいる。
この間もお二人辞めていただいた」
とおっしゃっていました。
その施設長の勇気を有難いと思いました。
なぁなぁで済ませられるのでは、
親としては困ります。
エンジェルくんが人を“見た目”ではなく、
“心”を見抜く才能はなかなか鋭いと思います。

今日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、
ちょうどエンジェルくんと外を歩く時には
ラッキーにも
ほとんど降られずに助かりました。

エンジェルくんはもう2時間近く前からよく寝てます…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック