最高か最悪か

昨日はイギリスのウイリアム王子の
ご成婚の様子が中継されていました。
奇しくも私の思い出したくもない記念日と
同じです。

テレビも地デジになって、
パレードの様子や、
ウェストミンスター寺院の様子など、
とってもきれいに観ることができました。

それにしても、結婚記念日というのは
良ければ、“人生最高の日”なんでしょうけれど、
私の場合は、なるべく避けて通りたい日…です。
平成元年だったんで、
式の日程を決めたときには、天皇誕生日だったのが、
年が変わって昭和から平成へ…
天皇誕生日が“みどりの日”になり、
今は何だったっけって感じ…

ゴールデンウィークの結婚記念日なんて最悪で、
私は東京神戸だったし、
5月5日に旅行から帰って来て
すぐに仕事ができるようにと
お互いの仕事第一優先で決めましたが、
毎年毎年、花のゴールデンウィークに
「広島に帰るの何だの」って、
文句のなかなか言えない私は
どれだけ泣いて、
どれだけストレスを溜めてきたか…
その頃からの友達は、いっつも私がブーブーと
文句を言っていたのを知っていますが、
早いうちにサッサと別れておくべきだったか…
と今でもよく思います。
でもそうしたらエンジェルくんにも次男にも
出会ってない訳で…
この修行が私の人生なんだ…と思っています。

ウイリアム王子とケイトさんは、
熟考の上のご決断のようなので、
今後も安泰と安心していますが、
またパパラッチなどに負けずに
とにかくずっと幸せでいて欲しいと
心から祈るばかりです。

自分の結婚について、
客観的に見つめてみると、
結婚を“スタート”だと思っていた私と、
“ゴール”と思っていた相手の
認識の違いだったようにも思えます。

確かに、結婚するまでにも大抵、
ひと山、ふた山はあるもので、
それらを越えて、やっと結婚に至るのですから
“ゴール”で間違いはないのですが、
実は長い長い人生の始まりで、
私の場合も、次から次へと
大きな大きな荒波が続きました。
よくここまで耐えて来たって
自分で自分を褒めてあげたいっ

他人が一緒に暮らす訳ですから、
長年連れ添う場合は、
お互いの忍耐がかなり必要だと思います。
連れ添って何十年経った時に、
「隣にいてくれてホッとできる」と思えたら、
大成功なんだろうななんて思います。
そうありたかったです…

そう言えば先日、テレビを観ながら
夕飯を3人で食べていた時、
「独裁政治は、いつかは国民が反発をして崩壊していく…。
チャウシェスクもカダフィも…
それは国であろうが、家庭であろうが同じ・・・」
なんて話を次男にしたら、
次男に「愚痴るなメシがまずくなる…」と言われました。
でも、私にとっては愚痴ではなく、
わかってほしいことだったので、
ついつい話してしまいました。

私は私で、その日の夜は
わかってくれないんだったら
もう決断させてもらおうと思いました。
でも翌日になって、
いくら理解のある次男でも、
子供に話すことではなかったのかも知れない…
と私なりに反省はしました。

お互いに、翌日まで尾を引きました。
いつもは大抵、ひとつふたつ、
朝から冗談を言っていますが、
その日は、お弁当は作りましたが、
ほとんど顔は合わさず、
必要事項のみを話して送り出しました。
次男が生まれて、こんなことは
初めてだったかも知れません。

次男もひとりで考えてくれていたようです。
次男はよく「俺はひとりたくましく生きて行く」
と言っていますが、その日も
学校から帰宅して、お互いそんな話になり、
「君が独り立ちして、兄と私が父と暮らすことは絶対に無理だ。
君がいるから、何とか一緒にいられる」と話すと、
「そりゃそうだろうな…」と
私の心情を一番わかってくれています。
はてさてこれからどうなりますことやら…
愚痴ると長いゾ~

今日のおやつは“ちまき”です。
まだこどもの日じゃないけど…
画像

垂水の和菓子屋さん『舞の夢』のちまきです。
今日はエンジェルくんとお家にいました。
エンジェルくんも二口ほど食べました。
モチモチ感と、笹の葉の香りを楽しみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック