あるお母さんと接して

懇談会の帰り、自宅が比較的近いこともあって
今年一年同じ担任の先生同士だったお母さんを
お家まで車でお送りすることになりました。
「今年、同じ担任の先生で助かった・・・」と言ってくださいました。
何かご病気をお持ちなのか、いろいろなことが少しゆっくりなので
敬遠されることも多いのですが、
一緒にお話してみると、とても純粋で、優しくて
私はとってもいい方だと思っています。

確かに少し受け入れられにくいところがあるかもしれません。
周りに迷惑をかけてしまうことも多々あるのかもしれませんが、
彼女は車に乗ってもらった時、必ず「ありがとう」と言ってくださいます。
口に出して言って頂かなくたっていいんですが、
彼女のそんな優しい気持ちが、お話している中でたくさん感じられます。
今回、初めてご近所の悩みとかを打ち明けてくださいました。
パッと口に出せない・・・そんな気弱なところが似ているようです。

世の中には、見た目とか、しゃべっての雰囲気とかで
すぐに嫌う人がとても多いですが、
最初は確かに戸惑うとは思いますが
頭ごなしに忌み嫌うことはあまり良い事とは思えません。

私が小4の時、クラスに心臓の悪いお友達がいました。
その子と私を含め、4人で飼育委員になりました。
飼育委員は冬休みにも毎日学校に通わなければなりません。
二人一組になって代わりばんこに当番をすることになりました。
グーパーで組み合わせを決める時、
後の二人がそのお友達と一緒にならないように
相談をしていたので、「私が組む」と私のほうから話しました。

彼女は10cm~15cm低かったので、
鍵を開けるのは私の役目でしたし、やはり休みがちで
結局私が一人で当番に出かけたことがほとんどでした。
雪の中、誰もいない学校に行って、
鳥とウサギにえさをあげた思い出があります。
今じゃ考えられない状況ですね。
誰もしゃべる人がいないから、
一人寂しくウサギさんにお話してました。
でも彼女と共にペアを組んだことを全く後悔してません。
それより身体的なことだけで忌み嫌う彼女らが
許せなかったのを思い出します。
役に立てて良かったと今でも思います。
そんな私だから、乗り越えていける・・・
と障害児を授かることになったのかなぁ
なんて思ったこともあります。
今はそんな自分の境遇も、
素敵な神様からのプレゼントと思っています。

いろいろな物質に恵まれ、一見常識的に見えても、
偉そうに物を言う人よりも
思いやりがある会話のできる人のほうが
私はずっとホッとします。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック