階段の上り下り

金曜日は最後の学年懇談会でした。
子供と共に多目的室に集まり、
高等部1年の時からの思い出のスライドを見ました。
それぞれの作業の様子や、実習の様子、
修学旅行の思い出を観せていただきました。

あっという間の3年間、あっという間の12年間でした。
1年では全くと言っていいほど成長がみられませんが、
12年を思い起こしてみると、身体的に、精神的に
いろいろと成長しています。
まだ物が落ちても笑っているのは相変わらずなんですが・・・(ーー;)

懇談が終わって階段を下りるとき、
最近の成果を見せていただきました。
階段ではどちらかと言えば下りよりも
上りの方が楽のようです。
上りはもうだいぶ前から手すりをあまり頼りにせず
軽く手すりに手を添える程度で、
たまに手が離れる様な状態で上ることが出来ていました。
でも下りは、兵隊さんのように突っ張った足では
とても難しく、手すりと先生の支えで
やっと下りていました。
それが今回見せていただいたのは
下りなのにたまに手すりから手を離し、
先生の支えも全くなく下りていく姿です。
支えはありませんが、いざという時のために
横についていてくださいました。
後ろから見た我が子の姿は
まるで別人のように階段をとんとん拍子に
下りていました。

中3でバギーが壊れ“バギーは作らない”と選択したことが
正しかったのかも知れない・・・と今やっと思えます。
かなり体のバランスが取れてきて、
転ぶこともとても少なくなってきました。
最近の農園道マラソンも脚力アップに繋がったと思います。
12年間の大きな成果と言えます。
本当に嬉しい瞬間でした。

4月からは通園施設に通うことになりますが
学校とは違うので、脚力はまず落ちてしまうだろうと思います。
実際に、全く歩かなくなってしまったという話も
聞いたことがあります。
いろいろ不安は募りますが、
親として出来ることはしていってあげたいと思っています。
メタボ対策も・・・

卒業まで2週間。
なんかうそみたいです・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック